駒人 「駒人」へようこそ!!  駒に興味のある方は、是非「ユーザ登録」を。
フォーラム駒鑑賞リンク集よくある質問駒人日記お問い合わせ
  高度な検索
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
asakusa
投稿日時: 2006-1-19 21:46
新米
登録日: 2005-8-18
居住地: 東京都
投稿: 8
谷川書について
寡聞にして谷川書の存在を全く知りませんでした。
神戸生まれの谷川大ファンとしてはお恥ずかしい限りです。
駒写真や字母紙をご存知の方は、是非、見せて(教えて)いただけないでしょうか?
kashun
投稿日時: 2006-1-19 22:17
管理人
登録日: 2004-2-19
居住地: 大阪
投稿: 262
Re: 谷川書について
この駒(至竜)は谷川さんが竜王位に復帰された時、
熊沢さんが贈呈されたものです。
当時、雑誌で見かけた記憶はあるのですが生憎手元に
残っていません。

どなたか、写真などお持ちでしたら連絡の程宜しくお
願いいたします。
ゲスト
投稿日時: 2006-1-21 1:02
Re: 谷川書について
ゲストの 「剣心」さんからの投稿です。---

たしか増山さんが担当していたNHKテキストにあった
と思いますよ。私もってますよ。でも公開は増山さんの
許可が必要かもしれません
asakusa
投稿日時: 2006-1-21 22:13
新米
登録日: 2005-8-18
居住地: 東京都
投稿: 8
Re: 谷川書について
剣心さん、有難うございます。
早速、増山さんにお聞きしてみます。(感謝)
ゲスト
投稿日時: 2006-1-23 21:17
Re: 谷川書について
ゲストの 「しおい」さんからの投稿です。---

谷川書の第1作は、平成8年の王将戦で敗れ(羽生の七冠フィーバーの時)、無冠となった谷川九段が熊澤師の「駒づくりプロ宣言展」を観て、「自分の将棋を取り戻したい、そういった気持ちの中で自分の書体の駒が欲しい、この世に一つだけの自分のためだけの駒が」との気持ちになられ、ご自分の書体で熊澤師に製作を依頼されたとのことです。その第1作を谷川さんに納められた後、竜王に復位された就位式で第1作の姉妹駒として同時製作していた駒を竜王復位のお祝いとして贈られたのが、所謂「至龍の駒」といわれる駒です。よって谷川さんの手元には2組(勿論木地は違う)の「谷川書」があるとのことです。駒写真としては、近代将棋に連載中の「熊澤良尊・駒に生きる」の第1回掲載分(平成9年5月号)と剣心さんが書き込みされておいでた酔棋さんが連載されておいでたNHK将棋講座の駒シリーズ平成11年12月号に掲載されています。ご参考まで。

kashun
投稿日時: 2006-1-24 1:07
管理人
登録日: 2004-2-19
居住地: 大阪
投稿: 262
Re: 谷川書について
塩井さんへ

詳細な、コメントありがとうございます。
「駒に生きる」に掲載されてましたね。
改めて確認しました。
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を